ソーラーパネルの値段

太陽光発電システムは現在多くの方が利用している再生可能エネルギーを利用した発電システムで、一般家庭向けの小型の太陽光発電システムは国からの後押しもあって非常に多くの方が利用しているといいます。

そんな太陽光発電システムを語る上で外せないのがソーラーパネルで、ソーラーパネルの性能や枚数は直接太陽光発電システムの発電量に係わってきます。

ここで気になるのがソーラーパネルの値段ですが、仮に一般家庭に利用される太陽光発電システム分のソーラーパネルを購入するとしてその合計額はいくらくらいになるのでしょうか。

太陽光発電システムに利用されるソーラーパネルの価格は各メーカーごとにバラバラです。

最近はソーラーパネルのバリエーションも数を増やしており、正方形や三角形などの形のものもあればサイズが異なるものもあるので、パネル一枚の平均価格となるとはっきりとした額は分かりませんが、太陽光発電システムの導入に必要な金額に関しては大体のメーカーのソーラーパネルが1kwの発電量を確保するのにおよそ30万円ほど掛かり、一般家庭の屋根の上で稼ぐ事が出来る発電量の限界が大体10kwくらいなので、およそ300万円は必要になると思って良いでしょう。