就職活動

就職活動の準備

就職をめざして就職活動をする前にはいろいろと準備をしておかなければなりません。就職活動の準備とは、何をすればいいのでしょう。まずしなければならないことは、自分を客観的に分析することです。自分がどういう人間で今までどんなことをやってきて、これからどういうことをしたいのかを探っていきます。しっかりと自己分析をすることによって、履歴書を書くときや、面接に答える時に明確に自己主張ができます。始めに過去の経験から何を学びどんな考えを持っているか振り返りましょう。次に今の自分を分析してアピールポイントを見つけます。どんなことが他人より一歩先んじているかを、考えて見てください。今の自分には不足していても将来こういう人間になりたいという人間像を描くことで目標をはっきりさせることができるでしょう。ある程度の自己分析が済んだら、実際に就職活動に行くための書類づくりに入ります。現在では、多くの企業がエントリーシートを使っています。エントリーシートのフォーマットは企業ごとにさまざまですが、共通する部分もあります。多くのエントリーシートは、人生観や職業観を問う項目があります。自己分析に基づいて書けるようにしておきましょう。各企業で独自の回答が必要になる部分もあります。自分が何をやりたいか、なぜその会社を選んだのかということをしっかりと記入しましょう。希望通りの仕事につくためには、就職活動前に自己分析を十分に行い、考えを明確にしておくことです。

就職活動のすすめ方

就職活動をしようと思ってもまず何から始めたら良いかわからない人もいるかもしれません。就職活動とは、一体どういうことをするのでしょう。まず最初に、会社説明会に参加して話を聞いてみるといいでしょう。会社説明会とは会社側が開催する説明会のことで、セミナーとも呼ばれています。会社側が学生や求職者を求めて会社概要や募集要項などを説明します。社内の見学と説明会だけというところもありますし、その日に選考を行う会社もあります。事前に筆記用具を持参してくださいと書いてあった場合には筆記試験の可能性があります。就職活動の一環として、就職している卒業生へのOB訪問があります。企業がどのような学生を必要としているか、職場の雰囲気は自分に合うのかなどをOBの先輩と懇談しながら情報収集をしましょう。就職活動を成功させるための方法を聞くという形ではなく、会社についての情報を集めることがOB訪問のコツです。OBと話すときはきちんとした敬語と自然体で接しましょう。終了後訪問時の態度や印象などが人事部へ報告されますので注意しましょう。インターシップ制度を利用するという方法もあります。学生のうちから、研修生として希望の職場で一定期間働くことで、仕事をするということを実地体験できます。企業はインターシップに参加した学生の中から採用対象者を探し出すことを目的としています。就職活動の準備代わりに、インターシップで経験を積んでおくのも役に立ちます。

就職活動の面接

就職活動において一番重要になるといえるのが、面接試験です。面接によって内定が左右されるといっても過言ではありません。就職活動をしている時に、面接については十分に下準備をしておくといいでしょう。いったいどのような対策をしておいたら良いのでしょうか。面接は、個人面接と、集団面接とがあります。集団面接とは応募者が複数集まり、一人あるいは複数の面接担当者から質問を受け回答していく面接方式です。採用試験の前半に多い形式で、身だしなみや態度は一定の基準を満たしているかを判断したり、自己紹介や自己PRが求められます。集団の中でいかに自分の良さをアピールできるかが重要です。個人面接は1対1もしくは1対複数の企業担当者で行う面接のことです。集団面接と違うところは、応募者一人一人をじっくり見極めることができることです。就職活動の中でも最後のほうでよく行われます。個人面接の場合には細かい部分まで見られることになりますが、緊張せずに行うようにしましょう。面接は、就職活動の段階で予行演習をしておくことが大事です。きちんと相手の目を見て話すこと、はきはきとはっきりした声で話すこと、答はまず結論から述べる、会話のキャッチボールを心かげることなどを意識しましょう。面接をせずに就職活動を終わらせることはまずできませんので、しっかり準備をしてください。

 

サイトマップ